佐野実とは

昭和61年8月、湘南鵠沼海岸に「支那そばや」を開業。

すべてに徹底してこだわる姿勢から、「ラーメンの鬼」として名を馳せる。

スープ、麺、具が三位一体でこそ、真に美味しいラーメンになるとの哲学を持ち、自家製麺や厳選素材の先達としても知られている。

佐野実

麺のこだわり

佐野実オリジナル自家製麺

当店では 香り・旨みそして喉ごしの良い麺になるよう国産小麦を使った、佐野実オリジナル自家製麺を使用しています。

フードコートでは、ラーメンをお出ししてお客様が召し上がるまでに時間が掛かり、麺がのびるという弱点があります。

その点を補うため、数種類の小麦粉を独自の比率でブレンドし、日々の加水率を調整する事でよりのびにくい麺作りを行っています。

新着ニュース

  • 2019年06月01日

    期間限定『炙りチャーシューつけ麺』発売!

    夏はシンプルに『つけ麺』。炙ったチャーシューを香り豊かな醤油の温かいつけだれに浸し、香ばしさを加える。優しい小麦麺の食感と酸味の効いたつけだれが妙味を醸し出す梅雨から夏にぴったりな味覚。

    >詳細はコチラから

  • 2019年03月01日

    期間限定『煮玉子鶏白湯らぁ麺』発売!

    鶏の希少部位を長時間煮込んだスープに、ジューシーで風味豊かなモモ肉チャーシューが旨味を引き立てます。 付け合わせの生姜を入れて、さっぱりとしたい味わいに!

    >詳細はコチラから

佐野 実が湘南に帰ってきた!